妊娠線ってなに??

妊娠線ってなんだろう?

女性が妊娠したとき、まずはお肌のお手入れにも力を入れる必要がありますね。
妊娠すると急激にお腹も大きくなり、お腹の皮膚が引っ張られる状態になります。
急激に皮膚が引っ張られると、肌の奥に存在する真皮が断裂し妊娠線ができてしまう場合があるのです。

 

この妊娠線は、妊娠を経験した多くの女性に存在するといわれているのですが、一度できてしまうとなかなか消すことが難しくなってしまうのです。

 

妊娠線ができた当初はピンク色で目立ちにくい状態なのですが、時間がたつとともに透明になり、光が当たった時光る状態になってしまいます。

 

妊娠線はお腹はもちろんのこと、お尻や太ももなど脂肪が付きやすい部分に現れやすいため、妊娠後にミニスカートや水着を着ることができないとお悩みの女性も実は多いのです。

 

まず妊娠線を防止したいと思った時には、急激に太らないように運動や食事に気を使うことに加え、
皮膚が伸びたときに対応できるように、肌に潤いと柔軟性を与えられるボディクリームでこまめにケアをすることも大切になります。

 

今では、妊娠線を防止する目的で発売されているクリームも種類豊富に存在していますし、妊娠線ができてしまった時用のケアクリームも販売されています。

 

妊娠線を防止、改善したいと思ったらそれらのクリームを積極的に使用してみましょう。

 

妊娠線ってなに??関連ページ

足のむくみってどうして起きるの?
足がむくむワケってなに?足痩せに関する悩みをズバッと解消!
産後の体型の変化って?
女性が一番体型が変わるといわれているのが出産後。その変化と予防策、解決策を公開中!